アネスト岩田(ANEST IWATA)エアーブラシ代理店|塗料・塗装機器・ペイント用品の通信販売・塗装講習会・ピンストライピング&レタリング筆通販|有限会社松谷塗料店
塗料・ペイント通販 塗料・塗装専門店|有限会社松谷塗料店
お問い合わせ電話番号|有限会社松谷塗料店
お問い合わせ|有限会社松谷塗料店
カートを見る|有限会社松谷塗料店
こんにちは guest さん
有限会社松谷塗料店 公式Facebook
商品を探す限定アウトレット商品いちおし塗料・資材商品講習会テキスト(塗料・塗装)
スプルース塗装品
特集ページカープ応援バイク用ヘルメットプラモデル・フィギュア用品成形樹脂関連ガレージキット
塗料
塗料全般溶剤 シリコンオフ等下地塗料関西ペイント PG80関西ペイント PGハイブリットエコ関西ペイントPGエコパールリキッド日本ペイント塗料 アドミラ塗料1Shot塗料(ワンショット塗料)キャンディカラーKK塗料テキスタイルカラー塗料ウィックドカラー自動車塗料ウレタン樹脂塗料木部用塗料スプレー塗料その他塗料色材(フレーク等)
アネスト岩田 エアスプレーガン
特集ページ低圧エアースプレーガン小型エアースプレーガンW101大型エアースプレーガンセンターカップガン自動車補修エアースプレーガン高級エアースプレーガンエアースプレーガンカップエアースプレーガンアクセサリスプレーガン部品アネストIwata コンテナ・カップ部品塗装用具
スプルース塗装用刷毛
スプルース塗装用刷毛全般建築塗装用筋違刷毛建築塗装用目地刷毛特殊用途刷毛
塗装養生商品
塗装養生商品全般マスキングテープ
研磨用品
研磨用品全般三共理化学ペーパーコバックスペーパー3Mジャパン製品磨き&艶出し商品塗装下地処理商品接着剤塗装機器
エアー工具関係
エアー工具関係全般信濃機販エアー工具コンパクトツール工具エアー工具アクアセサリー電動工具エアブラシ関係
アネスト岩田 エアーブラシ
特集ページエアーブラシ本体エアブラシコンプレッサーエアーブラシキットエアーブラシアクセサリエアーブラシテキスト
エアーブラシ部品
部品展開図エアーブラシ部品全般
ピンストライピング&レタリング
特集ページピンスト&レタリングAllカスタムペイントテンプレートピンストペイントストライピングブラシレタリングブラシスクロールブラシディテールブラシその他ブラシブラシセットゴールドリーフ関係ブラシメンテナンス用品ピンスト&レタリングテキスト用品ピンスト&レタリングテキストデコレーション関係塗料&塗装教本(HOW TO)
オリジナル商品
オリジナル商品全般エアーブラシTシャツコラボ商品
テンプレート・ステンシル・用品
特集ページカスタムペイント塗料&塗装用ネイルアート用ステンシルボディアート用ステンシルネイルアート用品ボディアート用品カッター塗料&塗装機器セット商品スプルースパック商品その他(通販商品)見本帳キャンペーン商品海外輸入品全通販商品一覧お見積もり・FAX注文小口注文・遠方のお客様住宅の塗り替え・塗装施工勝手に塗料紹介塗料とは塗装見積(無料)塗料の種類塗装道具の話塗装教本虎の巻塗装実績
松谷塗料店について
松谷塗料店会社案内本社店舗案内特定商取引法表記個人情報保護方針通信販売利用規約お支払方法・送料・手数料松谷塗料店講習会参加者募集塗料・塗装講習会・営業カレンダーエアブラシ修理受付
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
自然塗料の塗装についての説明ページです。|塗料・ペイント通販 塗料・塗装専門店|有限会社松谷塗料店
豪雨災害の影響により、物流が滞っております。
そのため、納期などのご希望に添えない場合がございます。ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどお願いいたします。

自然塗装(自然塗料の塗装)

自然塗装と良いながら、自然塗料の塗装とはどう言えば良いのか悩むところです。
なぜ悩むのか、塗料業界にも多くあるのですが言葉の定義曖昧さが多く存在します。
 弊社では、自然塗料とは自然に存在する油や樹脂を顔料と混合した物として考えて自然塗料とし、その塗装(自然塗装)について、説明してゆきます。

自然塗料の長所

自然塗料の場合、自然界の存在している物が主成分ですから使用環境を汚染する可能性が低い事があります。よって、塗膜として機能している状態で、アレルギー等の症状を起す可能性が低いと思われます。

自然塗料の欠点

自然塗料は、人工的に合成した塗料に比べ作業性が悪かったり(乾燥が遅い)・耐久性・防食性が人工樹脂よりも劣ります。つまり、人工樹脂塗料と同等の性能を持たせるには、常に塗り重ね等のメンテナンスが必要です。
塗料の機能である、素材を保護する役割を維持するには、多くの労力を必要とする塗料です。ですが、自然塗料には植物系の油分から作った塗料等もあり、仮に微量の塗料が摂取されたとしても影響の無い塗料も存在します。

自然塗料の代表的な商品

大谷塗料のVaton
日本オスモのオスモカラー 等
昔からある、柿渋も自然塗料の代表的なものです。

<柿渋について>

(1)柿渋とは、

柿渋は、渋柿を砕き、水と酵母とを混ぜ、数年間発酵させて作ります。
一般の柿渋は、臭気(柿が熟して腐った様な臭い)がきつく、塗布後、かなりの時間が経たないと臭いが抜けず、この為に、「使っては見たいが、臭いがね」と言う事が多くありました。最近では、臭気を減らす努力がなされ、殆ど特集の臭気がない 無臭 柿渋が商品化されています。
柿渋の歴史は、平安時代から塗料として使われはじめ、江戸時代からは、本格的に使われ各家庭でも作られていました。
用途は、
・塗料としては、防虫防腐性能の故に、桶や樽、家の柱や板壁等に塗装されたり、衣類を染める着色剤として、あるいは、タンニンの反応による強化作用のゆえに和紙に塗って番傘(渋紙)にしたり、漁網の網の強化、酒袋や醤油袋など、様々な使われ方が考案されていました。
・友禅や小紋などの型紙や伊勢型紙などが有名。
・つづら(竹を編んで和紙を貼り付けた容器)のカシュー塗料の下地塗料として使われています。多分防虫効果を期待して事と思われます。
・清澄剤として民間薬として使用されています。
色目
 柿渋の色は、赤茶色〜赤黒い色
 鉄に反応させるとチャコールグレーから黒色にもなります。
 柿渋は、弁柄や墨などを混ぜても使用できます。

効能
 抗菌、防腐、防虫、防カビ、補強などの性能以外に、民間薬として使用されます。

(2)一般的な使用方法

木材に塗装する場合
 〜巴歪汗亜 180〜#240のサンドペーパーで研磨します。
 ∈毛塗り 木目に沿って塗ります。 塗布量は、一般的には、100g/崢度
 拭き取り 塗装後、塗りムラや気泡をウエスで均一になるように拭き取り自然乾燥
 こ曾造蓮反応により徐々に水に不溶化します。

和紙を彩る場合
 〕憧錙陛汗修里發里鷲垈弔任后▲廛薀好船奪容器等を利用します。)に柿渋を入れ、和紙を浸します。
   好みの色に応じて、柿渋を水で薄めて使用します。
 ▲據璽僉璽織ルなどに挟んで、水分を取ります。
 9げて日光に当てて干します。
 で擦染めたい場合は、刷毛などで塗り重ねます。
   柿渋を塗布することで、和紙は非常に丈夫になります。

布や糸を染める場合
 〜巴歪汗亜”曚砲弔い討い覬れや糊を取るために、洗濯します。
 ⇒憧錣乏曾造鬚い譟布や糸を浸します。中で揉むようにして柿渋を染み込ませる。
   (絞りすぎると色むらになります。)
 F光の当たる風通しの良い場所で、全体を広げて乾かします。
   洗濯バサミ等ではさんだ部分は染まりません。
   染まりが薄い場合には、再度染め直します。