アネスト岩田(ANEST IWATA)エアーブラシ代理店|塗料・塗装機器・ペイント用品の通信販売・塗装講習会・ピンストライピング&レタリング筆通販|有限会社松谷塗料店
塗料・ペイント通販 塗料・塗装専門店|有限会社松谷塗料店
お問い合わせ電話番号|有限会社松谷塗料店
お問い合わせ|有限会社松谷塗料店
カートを見る|有限会社松谷塗料店
こんにちは guest さん
有限会社松谷塗料店 公式Facebook
商品を探す限定アウトレット商品いちおし塗料・資材商品講習会テキスト(塗料・塗装)
スプルース塗装品
特集ページカープ応援バイク用ヘルメットプラモデル・フィギュア用品成形樹脂関連ガレージキット
塗料
塗料全般溶剤 シリコンオフ等下地塗料関西ペイント PG80関西ペイント PGハイブリットエコ関西ペイントPGエコパールリキッド日本ペイント塗料 アドミラ塗料1Shot塗料(ワンショット塗料)キャンディカラーKK塗料テキスタイルカラー塗料ウィックドカラー自動車塗料ウレタン樹脂塗料木部用塗料スプレー塗料その他塗料色材(フレーク等)
アネスト岩田 エアスプレーガン
特集ページ低圧エアースプレーガン小型エアースプレーガンW101大型エアースプレーガンセンターカップガン自動車補修エアースプレーガン高級エアースプレーガンエアースプレーガンカップエアースプレーガンアクセサリスプレーガン部品アネストIwata コンテナ・カップ部品塗装用具
スプルース塗装用刷毛
スプルース塗装用刷毛全般建築塗装用筋違刷毛建築塗装用目地刷毛特殊用途刷毛
塗装養生商品
塗装養生商品全般マスキングテープ
研磨用品
研磨用品全般三共理化学ペーパーコバックスペーパー3Mジャパン製品磨き&艶出し商品塗装下地処理商品接着剤塗装機器
エアー工具関係
エアー工具関係全般信濃機販エアー工具コンパクトツール工具エアー工具アクアセサリー電動工具エアブラシ関係
アネスト岩田 エアーブラシ
特集ページエアーブラシ本体エアブラシコンプレッサーエアーブラシキットエアーブラシアクセサリエアーブラシテキスト
エアーブラシ部品
部品展開図エアーブラシ部品全般
ピンストライピング&レタリング
特集ページピンスト&レタリングAllカスタムペイントテンプレートピンストペイントストライピングブラシレタリングブラシスクロールブラシディテールブラシその他ブラシブラシセットゴールドリーフ関係ブラシメンテナンス用品ピンスト&レタリングテキスト用品ピンスト&レタリングテキストデコレーション関係塗料&塗装教本(HOW TO)
オリジナル商品
オリジナル商品全般エアーブラシTシャツコラボ商品
テンプレート・ステンシル・用品
特集ページカスタムペイント塗料&塗装用ネイルアート用ステンシルボディアート用ステンシルネイルアート用品ボディアート用品カッター塗料&塗装機器セット商品スプルースパック商品その他(通販商品)見本帳キャンペーン商品海外輸入品全通販商品一覧お見積もり・FAX注文小口注文・遠方のお客様住宅の塗り替え・塗装施工勝手に塗料紹介塗料とは塗装見積(無料)塗料の種類塗装道具の話塗装教本虎の巻塗装実績
松谷塗料店について
松谷塗料店会社案内本社店舗案内特定商取引法表記個人情報保護方針通信販売利用規約お支払方法・送料・手数料松谷塗料店講習会参加者募集塗料・塗装講習会・営業カレンダーエアブラシ修理受付
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
塗装機器編(エアスプレーガン)|特集記事|塗料・ペイント通販 塗料・塗装専門店|有限会社松谷塗料店
豪雨災害の影響により、物流が滞っております。
そのため、納期などのご希望に添えない場合がございます。ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどお願いいたします。

第2回 塗装機器編(エアースプレーガン)

 塗装方法の一つにスプレーガン塗装(吹付け塗装)があります。
今回は、コンプレッサーを含めたスプレーガンの選定方法と、ガンのメンテナンス方法を取上げたいと思います。

スプレーガンの選定方法

 アネストイワタの最新小型スプレーガンW101(2005年10月現在)を例にとって説明したいと思います。
まず、私なりの見解で話を進めて行きたいと思います。
現在、3馬力以上のコンプレッサーをお持ちでそのエアー量を吹付け塗装に独占できる環境がある場合は、W101シリーズのほとんどが使用できると思います。あとは、好みのパターン幅・塗出量を選べば良いと思います。もしそうではない場合、まず問題にしなければならないのはコンプレッサーを如何するか?です。
つまり、3馬力以下でも塗装できるスプレーガンを選択し、多少の塗装時の不便さを我慢するか。多少の出費を我慢して完璧な塗装にこだわるかという事です。
ここで、アネスト岩田のカタログ(W 101シリーズ LPHシリーズ)で説明したいと思います。

W-101小型スプレーガン

W100の従来のガンより
ゞ気キャップへの塗料付着低減
塗りムラの軽減
パターン形状の安定 等々の改良版です。
形式 塗料供給方式 塗料ノズル口径
Φmm
吹き付け
空気圧力
MPa
空気
使用量
L/min
塗料
噴出量
ml/min
パターン
開き
mm
W101-082P 圧送 0.8 0.29 270 150 190
W101-102P 1.0 200 220
W101-132P 1.3 0.24 220 210
W101-152P 1.5 250 240
W101-101S 吸上 1.0 75 85 120
W101-101G 重力 95 130
W101-131S 吸上 1.3 145 150 155
W101-131G 重力 160 170
W101-132S 吸上 225 150 160
W101-132G 重力 160 175
W101-134S 吸上 0.20
0.24
210
250
140*
145
180*
200
W101-134G 重力 0.20
0.24
210
250
155*
170
205*
220
W101-151S 吸上 1.5 0.24 145 175 170
W101-151G 重力 200 180
W101-152S 吸上 225 170 175
W101-152G 重力 190 190
W101-181S 吸上 1.8 170 210 170
W101-181G 重力 240 190
●吹付距離:200mm
●塗料粘度20秒/NK-2 *印は12秒/NK-2

低圧スプレーガン LPH-50/100/200

形式 塗料供給方式 塗料ノズル口径
Φmm
吹き付け
空気圧力
MPa
キャップ内
圧力
MPa
空気
使用量
L/min
塗料
噴出量
ml/min
パターン
開き
mm
LPH-50-042G 重力 0.4 0.09 0.05 50 8* 40*
LPH-50-062G 0.6 25* 60*
LPH-50-102G 1.0 55* 100*
LPH100-124LVG 1.2 0.1 0.05 200 80* 200*
LPH100-144LVG 1.4 200 130* 220*
LPH100-164LVG 1.6 0.13 0.07 240 100 220
LPH100-144LVS 吸上 1.4 0.1 0.05 200 80* 180*
LPH100-164LVS 1.6 200 95* 190*
LPH100-122P 圧送 1.2 0.34 0.07 530 350 270
LPH200-122P 1.2 0.2 0.07 500 500 300
●吹付距離:LPH-50-042Gは100mm、-062Gは150mm、LPH-100・200は200mm
●塗料粘度20秒/NK-2 *印は12秒/NK-2

仝什澆離灰鵐廛譽奪機爾鮖藩僂靴禿描を行う場合

この場合、まず最初に調べなければいけないのは、現在あるコンプレッサーの吐出し空気量(L/min)だと思います。通常はコンプレッサーの電源周辺か空気タンクにプレートが取り付けてあります。
0.75kwが1馬力です。ちなみに、Iwata製レシプロコンプレッサーTLP22−10(給油式 2.2Kw 3馬力)の場合は、255L/Minとカタログ表記があります。
TLP22−10を例にとると上記2つの表から空気使用量(L/min)を読んで255以下であれば問題なく使用できるという事になります。つまり、上記表の太字の4機種は選ぶべきではないと思います。
よく、ここでお客様から補助タンクを付ければ使えるのではないかと聞かれる事があります。
仮に、255Lの2割 約50Lのサブタンクを付けたとして最初の1分間はW101−082Pクラスであれば必要量が270Lですからなんとか使えたとしても続く供給量が255Lですから必ず全体の空気圧力が落ちてきます。
ですから、サブタンクで毎分の空気量がまかなえる事はないと考えるべきだと思います。
サブタンクはあくまで空気圧力増減の安定化に使うべきだと思います。

現在のコンプレッサーを買い換えても良い塗装をしたい(ガン先行)場合。

このケースでは、まず自分が何をメインで塗装するのか(塗装環境を含めて)を第一に考えるべきだと思います。つまり、被塗物の量と大きさです。例えば、趣味でバイクのタンク等を塗装しようとする場合、量(個数)は少量・大きさは(塗り幅)50cmぐらいだと思います。塗料メーカーは通常、スプレー塗装の塗り重ね幅を1/2か1/3としていますので、仮に1/2重ねで話をしていきますと、W101−101G(130mm)ですと50cmだと7回運行させる事になります。同様に、W101-134G(220mm)では4回となります。当然、4回のW101-134Gの方が塗装が楽になります。次に、塗装環境ですがブース(局所排気装置)以外の場所でビニールブース等で塗装される場合では、私は、塗装スピードを落しても問題ないのであればLPHシリーズ(低圧スプレーガン)をお勧めします。
なぜなら、低圧で吹付けられると言う事は塗着効率を上げる事ができ、尚且つ塗装ミスト(飛散)を抑える事が出来るからです。
但し、デメリットとして、低圧で吹付けますから塗装スピードが落ちますし、独特な肌感の仕上がりになります。
ですが、私自身多くの自動車板金塗装の方々にもIwataの低圧ガンシリーズをお買い上げ頂いております。

エアースプレーガンメンテナンス方法

エアースプレーガンメンテナンス方法|第2回 塗装機器編(エアースプレーガン)|特集記事|塗料・ペイント・エアブラシ通販|有限会社松谷塗料店
最後に私のスプレーガンメンテ方法をご紹介しておきます。
スプレーガンの洗浄方法やガンのトラブル解決をご紹介します。